ARTcollectors' in Asia

Japanese Posts - interview

  • 台中で開催中のアジア・アート・ビエンナーレが捉える現代の世相

    会場入口風景

     10月5日〜2020年2月9日まで、台中の国立台湾美術館で7回目の「アジア・アート・ビエンナーレ」が開催されている。テーマは「The Strangers from Beyond the Mountain and the Sea」。会場は2層で構成され、平面絵画から彫刻、インスタレーション、映像などの作品を展示している。今回はアーティストの許家維(シュ・ジャウェィ)と何子彦(ホー・ツーニェン)がキュレーションしており、許家維に今回のビエンナーレを通して見えてくる、アジアの歴史性や社会性、政治性などの問題について聞いた。

    more

    Category: art fair, exhibition, interview

  • アート・バーゼル・マイアミビーチ 2019を開催

    2018年会場風景

      アート・バーゼル・マイアミビーチ2019が12月5日から8日までフロリダ州で開催される。約200軒の世界的なギャラリーが出展し、4、000人以上のアーティストの絵画や彫刻、インスタレーション、写真、映画、ビデオ、デジタルアートなどの作品を展示する。「Galleries」、「Nova」、「Positions」、「​Edition」、「Meridians」、「Kabinett」、「​Survey」の7つのギャラリーエリアで構成される。この中で「Nova」はアーティストが最近3年間で創作した作品と未発表作品を展示することで注目されている。また「Positions」はキュレーター、評論家、コレクターが選出した優れた才能を持った若手の作品を展示予定。

    more

    Category: art fair, exhibition, interview

  • 第7回ART021 SHANGHAIの画廊出展リストを発表

    ART021 SHANGHAI 会場風景

     2013年に中国上海国際アートフェスティバルの重要なプロジェクトとして設立されたART021SHANGHAI。第7回となる今年は117日から10日まで上海展覧センターで開催され、18ヶ国から111軒の画廊が参加する予定です。日本からは9軒の画廊が参加します。ART021はグローバルな視点で地元のリソースを活用し、中国の現代アートをサポートしてギャラリーに注目するとともに、潜在的な国内の若手コレクターの発掘を強化するとしています。

    more

    Category: art fair, interview, news

  • アート台北2016、好評のうちに終了

    アート台北2016会場風景

    第23回目となるアート台北が11月10日から11月15日まで、台北ワールドトレードセンターで開催され、3万人以上が入場した。今年のアート台北には150のギャラリーが出展し、日本からも初出展の新生堂、ギャラリーMomoをはじめ、32軒のギャラリーが出展した。

    more

    Category: art fair, interview

  • 台北ビエンナーレ2016 、台北ビエンナーレ10回目記念展開催

    Translations:

    台北市立美術館

    「台北ビエンナーレ2016」はブリュッセルのエコール・ド・レシェルシェ・グラフィーク(Erg)のディレクター、コリーヌ・ディゼレンスをゲストキュレーターとして招き、世界中から約80組のアーティストが出展している。「文化のパラダイムシフト」をコンセプトとする今回のテーマ「Gestures and Archives of the Future」(現在の姿勢と資料、未来の系譜)では、知識体系及び美術を超えた分野と社会における美術館の役割を探求する。会期中、台湾現地の文化、教育施設と密接に協力しながら、展覧会、パフォーマンス、映画上映、シンポジウム、トーク、朗読やワークショップなど様々なプロジェクトを展開していく。協力施設は地域と学術分野を跨り、台北国際芸術村、香港アジア芸術文献庫、Vernacular Institute、Motto Booksなどがある。

    more

    Category: exhibition, interview

  • アートバーゼル香港アジアディレクター、アデリン・ウーイが語る、アートバーゼル香港がアジアに果たす役割

    アートバーゼル香港 2015よりアジア・ディレクターに就任したアデリン・ウーイ Adeline Ooi Director Asia, Art Basel © Art Basel

    昨年、アートバーゼル香港 2015より新たにアジアディレクターに就任して以来、世界各地を廻り多忙な毎日を過ごすアデリン・ウーイさん。3月24日から26日まで香港コンベンション& エキシビションセンター (HKCEC)にてアートバーゼル香港2016開幕を控え、来日したアデリンさんに、今年のアートバーゼル香港の展示について、アジアのアートにアートバーゼル香港が果たす役割、アジアのコレクターについてなど話を伺った。

    more

    Category: art fair, interview

  • インタビュー:サンタフェで日本の現代美術の展覧会がこの夏開催に!

    Translations:

    「Impacts! 勢み」@ゼーン・ベネット・コンテンポラリーアート プレビューの様子

    サンタフェというと、日本の美術ファンにはジョージア・オキーフのイメージが強いかもしれない。じつはこのサンタフェは全米のアートマーケットにおいて、1位のニューヨークに次いで2位、あるいはロサンゼルスに次いで3位の規模を誇る。それを裏付けるように人口8万人の町には250ものギャラリーが存在する。特に夏の期間は全米各地からセレブをはじめ多くの人々が避暑に訪れ、アートシーンも活発化する。そのサンタフェにあるギャラリー、ゼーン・ベネット・コンテンポラリーアートがこの夏、日本の現代美術を集めた「Impacts! 勢み」展をはじめ、日本文化を紹介するジャパン・アート・フェスタを開催する。日本の現代美術がサンタフェにどんな「Impact」を与えるのか? 

    more

    Category: interview

  • マグナス・レンフリューにインタビュー

    Translations:

    Magnus Renfrew, Director Asia, Courtesy Art Basel

    昨年、アジアで初となるアート・バーゼル「アート・バーゼル香港」が開催され話題となった。アート・バーゼル香港の前身はアート香港で、アジア進出をもくろむアート・バーゼルがこのフェアに白羽の矢を立て、買収したことでアジアに初のアート・バーゼルが誕生したわけだ。現在、アート・バーゼルのディレクター・アジアをつとめるマグナス・レンフリューは、じつはアート香港を2007年に立ち上げた人物。ここでは来日中のマグナス氏に今年のアート・バーゼル香港の展望を中心に話を伺った。

    more

    Category: art fair, interview

  • ヨコハマトリエンナーレ2014アーティスティックディレクターの森村泰昌にインタビュー 

    Translations:

    (ヨコハマトリエンナーレ2014第2回記者会見会場)

     昨年12月18日、美術家の森村泰昌さんが、「ヨコハマトリエンナーレ2014」のアーティスティック・ディレクターに就任することが発表された。
     同展のディレクターに作家が選ばれたのは、2005年の川俣正の総合ディレクター以来であるが、国際的にみても非常に稀有な例だろう。
     今回は、その森村さんにインタビューを行い、現在の胸中を伺った。

    more

    Category: interview

  • 無人島プロダクションの藤城里香ディレクターにインタビュー

    東京・清澄の無人島プロダクションで、藤城里香さんにインタビューをしました。

    ― 今回のアートバーゼル香港にはどのような展示をされる予定ですか?
    藤城:今年はChim↑Pomと、主に木版画を表現方法とする風間サチコの作品を展示します。Chim↑Pomは新作を中心に展示する予定です。
     展示を通して私たちが伝えたいのは無人島プロダクションと作家たちの社会に対する視線と姿勢です。昨年のアート香港に出品した八木良太の評判が良く、今でも国内外の美術館から問い合わせがあり、八木は今年の夏から秋だけでも国内・アジアを含めて7本の展覧会やプロジェクトに参加します。今回は、昨年と展示の雰囲気をガラッと変えて、無人島プロダクションの作家たちの多様性を知ってもらいたいと思っています。今年は、社会のさまざまな問題や時代のリアルに介入して強い社会的メッセージをもつ作品を制作しているこの2組の作家に注目してもらいたいです。

    more

    Category: art fair, interview