ARTcollectors' in Asia

Japanese Posts - art fair

  • 第7回ART021 SHANGHAIの画廊出展リストを発表

    ART021 SHANGHAI 会場風景

     2013年に中国上海国際アートフェスティバルの重要なプロジェクトとして設立されたART021SHANGHAI。第7回となる今年は117日から10日まで上海展覧センターで開催され、18ヶ国から111軒の画廊が参加する予定です。日本からは9軒の画廊が参加します。ART021はグローバルな視点で地元のリソースを活用し、中国の現代アートをサポートしてギャラリーに注目するとともに、潜在的な国内の若手コレクターの発掘を強化するとしています。

    more

    Category: art fair, interview, news

  • 「The Strangers from Beyond the Mountain and the Sea」-2019アジアアートビエンナーレ開催

     201910月5日から202029日まで「2019アジアアートビエンナーレ」が国立台湾美術館で開催される。7回目となる今回は世界16ヶ国から30組のアーティストやグループが参加する。展示作品には絵画、インスタレーション、映像、パフォーマンス、ワークショップなどの多様な形式があり、アーティストの許家維(シュジャウェィ)と何子彦(ホー・ツーニェン)がキュレーションする。何子彦は現在開催中のあいちトリエンナーレにも喜楽亭で参加しており高い評価を得ている。

    more

    Category: art fair, exhibition

  • 第26回「アート台北2019」グランドオープン

    Ceet Fouad 「雞」 写真:アート台北提供

     世界12ヶ国から141の画出展する26アート台北1018から1021にかけて開催される同フェアは台湾のギャラリー65軒と海外のギャラリー68軒、さらに同フェアの「MIT」(新人作家推薦エリア)6軒によって構成される。今年のテーマは「光再現」。変幻極まりなく予測できない現象をみせる光のように、現代アートが各地域で発される予想外の姿再現、芸術表現可能性を模索する。

    more

    Category: art fair

  • 第14回「アート北京2019」を開催

       2019430日から53日まで14回目となる「アート北京2019」が北京の全国農業展覧館センターで開催されます。今回のフェアは世界20ヶ国から選ばれた190軒のギャラリーが参加予定です。4日間の展覧会は現代美術、近代美術、デザイン美術、パブリックアートの4つの形式的な芸術エリアがあります。中国の美術市場は急速に成長する中で、アート北京は理想と現実のバランスを取りながら、中国美術の市場において大きな存在となっています。

    more

    Category: art fair

  • アートセントラルもセールス好調

    Translations:

    アートセントラルの入口(写真:Art Central提供)

       アートバーゼル香港の会場からほど近くで3月26日〜31日まで「アートセントラル2019」が開催された。日本からの出展ギャラリーはAF LABO、ギャラリーアートコンポジション、ギャラリー小暮、島村画廊、IMAギャラリー、鎌倉画廊、加島美術、コバヤシ画廊、Maekawa + TakemuraMARUEIDO JAPANMASAHIRO MAKI GALLERYNukaga Gallery彩鳳堂画廊、秋華洞、春風洞画廊、テヅカヤマギャラリー、ホワイトストーンギャラリー、ジールハウスの18軒。

    more

    Category: art fair

  • アートバーゼル香港 来場者8万8千人

    Translations:

    zhaozhao「In Extremis」(Tang Contemporary Art)   写真:バーセル香港提供

     3月27日のプライベートビューから3月31日まで、アートバーゼル香港が開催され今年も大盛況の内に閉幕した。世界35ヶ国・地域から242軒のギャラリーが参加し(内初出展は21軒)、世界中から集まったコレクターで賑わいました。バーゼルの発表によれば、130を超える世界の美術館や美術機関のトップなども来場しており、7回目となる今年も世界中から非常に注目されていることがわかる。

    more

    Category: art fair

  • 第5回アートセントラルが香港で開催!

     2019327日から331日まで第5回アートセントラルは香港中環龍和道9号の中環海浜活動空間に開催されます。今回のフェアは世界22の国から選ばれた107軒のギャラリーが参加予定です。30軒のギャラリーが初めてアートセントラルに参加します。    5日間の展示会は、舞台芸術、大きなインスタレーション、コンテンポラリな藝術に有名な人物による座談会もあります。大きな影響力があるギャラリーが参加し、様々なジャンルで新しい芸術の表現形式を展示しています。

    more

    Category: art fair

    Category: インタビュー

  • 台北で開催されたアートフェアが盛況!

    台北當代(Taipei Dangdai) の様子

        台北では1月に4つのアートフェアが開催された。初開催の台北當代(Taipei Dangdai/18〜20日・台北南港展覧館)は90軒の出展枠に160軒の申し込みがあったという。アートバーゼル香港の前身であるアート香港をつくり上げた、マグナス・レンフリューが立ち上げたこともあり、開催前から注目度が高かった。Gagosian、Pace Gallery、White Cube、Perrotinなど、世界的ビッグギャラリーがブースを構えるなか、日本からも19ギャラリーが出展。NANZUKA、ShugoArts、タカ・イシイギャラリー、小山登美夫ギャラリー、ミヅマアートギャラリー、東京画廊+BTAPなどである。一般来場者も多く、最終日の日曜日は入場制限がでるほど、活況を呈していた。

    more

    Category: art fair

  • 台北で新たなアートフェアが誕生、スイス銀行がパートナー

    Dennis Chen, Country Head and Head of Wealth Management, UBS Taiwan (L) and Magnus Renfrew, main organizer of Taipei Dangdai (R)

    新たなアートフェア、Taipei Dangdai art fairは2019年1月に台北の南港展覧館で開催することを発表し、スイス銀行(UBS)がパートナーとなる。フェアの主催者は ARTHQそしてARTHKの創立者、アート・バーゼルのアジア・ディレクター(2012〜14)であるマグナス・レンフルー。

    more

    Category: art fair, news