ARTcollectors' in Asia

李傑(リー・キット)展、資生堂ギャラリーで開催

Translations:

Category: exhibition

it doesn't help me, 2014, Copyright the artist, Courtesy ShugoArts, Photo by Shigeo Muto

台北在住の香港人アーティスト、李傑(リー・キット)の個展は6月2日(火)から7月26日(日)まで、資生堂ギャラリーで開催。同展では、不安、孤独、呼吸などをキーワードに、「Scratching the table surface」を含むこれまでの代表作数点の他、新作として、テキストを 施した布に描いた絵画、ダンボールに描いた絵画、ギャラリーの空間に合わせた映像作品など、約10点の作品を展示する。作品を通して、都市で生活する中でネガティブに捉えられがちな感情に対処する柔軟な態度を感じることができるだろう。

Installation of ‘You, (you).’ – Lee Kit, Hong Kong at the 55th International Art Exhibition La Biennale di Venezia, 2013, Courtesy the artist, M+, WKCDA and HKADC, Photo by David Levene

 リー が「The voice behind me」という本展のタイトルについて、自分が慣れ親しんでいると同時に疎外されて いると感じる声が常に背後にあり、その存在はほとんど耐え難いが、受け入れるしかないと言っているの もこのような態度の現れでしょう。閉塞感のある状況の中で深呼吸はできなくとも、呼吸を続けることは できる、そこにまだ希望はあるとリーは考えているのかも知れない。

リー・キットは、1978 年香港生まれ。2008 年に香港中文大学美術学部にて修士課程修了後、国内外の展覧 会に数多く参加してきました。2013 年のヴェネチア・ビエンナーレでは香港館の代表に選ばれ、ウォール・ ストリート・ジャーナルで「ビエンナーレ必見ベスト 5 のアーティスト」に選ばれた。それを機に世界中から注目を集めたリーは 2015 年には第 12 回シャルジャ・ビエンナーレ(アラブ首長国連邦)に参加、2016 年にはゲント現代美術館(ベルギー)やウォーカー・アート・センター(アメリカ)での個展を開催する予定。

李傑(リー・キット)展 The voice behind

時間:2015年6月2日(火)~ 7月26日(日)

会場:資生堂ギャラリー

https://www.shiseidogroup.jp/gallery/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...