ARTcollectors' in Asia

森万里子「Infinite Renew(無限の再生)」展@エスパス ルイ・ヴィトン 東京 28日からスタート

Translations:

Category: exhibition

展示風景(3本のスパイラルの型の作品は「Infinite Energy」Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ)

ニューヨークを拠点に活動する現代美術のアーティスト森万里子が、9月28日(土)からルイ・ヴィトン表参道ビル7階のエスパス ルイ・ヴィトン 東京にて「Infinite Renew(無限の再生)」展を開催する。"エネルギーの果てしない再生"をテーマに、新作「Infinite Energy」Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ、「Renew」Ⅰ,Ⅱ、「Butterfly」、「Ālaya」(映像作品)と2012年に制作された「Birds」Ⅱの計8点を展示。

展示風景(手前の作品は「Renew」Ⅰ)

会場を上下に突き抜けるかのように配置された3本の柱は、見えないエネルギーをテーマにした新作「Infinite Energy」シリーズ。柱は純白でスパイラル状になっており、永遠性や無限感を感じさせる。近づくと、まるで人間の持つエネルギーを感じ取ったかのように、センサーで柱の中心の色が変化していく。宇宙には目に見えないエネルギーが96%あり、森万里子はそれを表現しようと試みている。メビウスの帯をモチーフにした「Renew」シリーズは、生と死、そして再生の循環を表している。同じく、メビウスの帯からインスパイアされた作品「Butterfly」は、今回のヴェネチア・ビエンナーレ特別プロジェクトとしてフェニーチェ劇場で上映されたオペラ『蝶々夫人』に使われた舞台装置の模型。

作品「Butterfly」について解説を行う森万里

森万里子 「Infinite Renew(無限の再生)」展

会期:9月28日(土)〜1月5日(日)
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
開館時間: 12:00‐20:00
入場料: 無料

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...