ARTcollectors' in Asia

宮永愛子×皆川明の特別対談に参加しよう

Translations:

Category: news


宮永愛子
なかそら -waiting for awakening-
2012
ナフタリン、樹脂、ミクストメディア
55.8x67.9x110cm
写真:木村和穂

現在ミヅマアートギャッリーで個展を開催中の現代美術のアーティスト宮永愛子とミナ・ペルホネン(mina perhonen)デザイナーの皆川明は7月13日(土)に特別対談を行う。独自の感性で注目を集める二人の初対談のテーマは「こないだの続き。」となる。

宮永は日用品をナフタリンでかたどったオブジェや、塩を使ったインスタレーションなど、気配の痕跡を用いて時を視覚化する作品で注目を集める。皆川明は1995年ミナ・ペルホネン社を立ち上げ、オリジナルデザインの生地による服作りを進め、国内外の生地産地と連携して素材や技術の開発に注力し、さらに2006年「毎日ファッション大賞」大賞を受賞した。

宮永愛子×皆川 明 特別対談「こないだの続き。」

開催日: 2013年7月13日(土)14:00~15:30頃 (13:30開場)
会場: 神楽サロン2Fセミナールーム(ミヅマアートギャラリー隣接)
■参加費: 500円(1ドリンク付)
■定員: 60名 (受付順、予約制)
※ご予約はお電話またはメールにて
■お問合せ先:ミヅマアートギャラリー /tel: 03-3268-2500
E-mail: gallery@mizuma-art.co.jp

五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念
宮永愛子展「house」

会期: 開催中~8月3日(土)
会場: ミヅマアートギャラリー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...