ARTcollectors' in Asia

「未完風景」展〜日本文化におけるアイデンティティの有り様を考える

Translations:

Category: exhibition

Top left: Simon Fujiwara, The Personal Effects of Theo Grünberg, 2010. Top right: Tomoko Yoneda, Former house of General Wang Shu-ming, the Chief of Staff under Chiang Kai-Shek, Cidong Street, I, 2010. Bottom left: Meiro Koizumi,City of Poem and Bleed (still), 2013. Bottom right: Shuji Terayama, Advertisement Poster for Tenjō Sajiki’s Subscribers, 1967.

日本文化におけるアイデンティティとは何か? まさにそれをテーマにした展覧会がイタリアで開催されることになった。世界から多くのアートファンが訪れ、最前線のアートを楽しむヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展と時期を同じく、国際交流基金とべヴィラクア・ラ・マサ財団による展覧会「未完風景」が開催されることになった。日本文化におけるアイデンティティの有り様をテーマにして、日本と海外のアーティストによる現代美術、グラフィック、文学、映画、サウンド、パフォーマンス等の幅広い分野の作品が一堂に会する。

【参加アーティスト】

小泉 明郎、サイモン・フジワラ、寺山 修司、米田 知子、マリナ・アブラモヴィッチ、マウリッツィオ・カテラン、ピエルパオロ・フェラリ、ケレン・シター、タシタ・ディーン、奥 浩哉、ジム・オルーク、デイヴィッド・ピース、リクリット・ティラヴァ-ニャ 

【キュレーター】

ディディエ・フォスティノ、アンジェラ・ヴェッテーゼ、三宅 暁子



未完風景

  • 会期:2013年6月1日 ~ 10月20日
  • 会場:ベヴィラクア・ラ・マサ財団 パラツェット・ティト ドルソドゥーロ 2826, ヴェネチア
  • 主催:国際交流基金、ベヴィラクア・ラ・マサ財団
  • 企画協力:現代美術センターCCA北九州
  • 協力:NECディスプレイ ソリューションズ株式会社、 キッコーマン株式会社、JFC Deutschland GmbH、 鹿児島県、鹿児島県酒造組合 — 山元酒造(株)、大口酒造(株)、喜界島酒造(株)、町田酒造(株)、薩摩酒造(株)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...