ARTcollectors' in Asia

「名和晃平 : garden」展、大阪のGallery Nomartで開催

Translations:

Category: exhibition

鹿の剥製の表面をビーズでおおったPixCellシリーズや、近年では絵具が流れ落ちる自然の動きを利用して描いた平面作品Directionシリーズなどが知られる名和晃平の個展が大阪のGallery Nomartで開催される。同画廊での個展は2010年以来3年振り。
今回は植物をイメージさせるような有機的な立体作品の新作をはじめ、近年になって集中的に制作されている "Direction" の新作が展示される。


なお、名和の作品は、現在、海外ではニューヨークのメトロポリタン美術館で "PixCell-Deer#24" 、メルボルンのヴィクトリア国立美術館で "PixCell-Red Deer" がそれぞれ展示されている。国内では瀬戸内国際芸術祭2013において、犬島の「F邸」で、坪庭を含む空間全体を使用した "Biota (Fauna/Flora)" が展示されている。




「名和晃平 :garden」

  • 会期:5月11日(土)〜6月8日(土)
  • 会場:Gallery Nomart
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...