ARTcollectors' in Asia

Recent Posts

  • Art Central業績斐然

    Translations:

    Art Central入口(圖片:Art Central提供)

       緊鄰著藝術巴塞爾香港的會場,326日到31日期間 Art Central 2019”在中環海濱如期舉行了。日本出展的畫廊有AF LABOGallery Art Composition,小暮畫廊,島村畫廊,IMA畫廊,鎌倉畫廊,加島美術,kobayashi畫廊,Maekawa + TakemuraMarueido GalleryMASAHIRO MAKI GALLERYNukaga Gallery,彩鳳堂畫廊,秋華洞,春風洞画廊,Tezukayama Gallery,白石畫廊,Zeal House18家。

    more

    Category: art fair

  • アートセントラルもセールス好調

    Translations:

    アートセントラルの入口(写真:Art Central提供)

       アートバーゼル香港の会場からほど近くで3月26日〜31日まで「アートセントラル2019」が開催された。日本からの出展ギャラリーはAF LABO、ギャラリーアートコンポジション、ギャラリー小暮、島村画廊、IMAギャラリー、鎌倉画廊、加島美術、コバヤシ画廊、Maekawa + TakemuraMARUEIDO JAPANMASAHIRO MAKI GALLERYNukaga Gallery彩鳳堂画廊、秋華洞、春風洞画廊、テヅカヤマギャラリー、ホワイトストーンギャラリー、ジールハウスの18軒。

    more

    Category: art fair

  • 第5回アートセントラルが香港で開催!

     2019327日から331日まで第5回アートセントラルは香港中環龍和道9号の中環海浜活動空間に開催されます。今回のフェアは世界22の国から選ばれた107軒のギャラリーが参加予定です。30軒のギャラリーが初めてアートセントラルに参加します。    5日間の展示会は、舞台芸術、大きなインスタレーション、コンテンポラリな藝術に有名な人物による座談会もあります。大きな影響力があるギャラリーが参加し、様々なジャンルで新しい芸術の表現形式を展示しています。

    more

    Category: art fair

    Category: インタビュー

  • 台北で開催されたアートフェアが盛況!

    台北當代(Taipei Dangdai) の様子

        台北では1月に4つのアートフェアが開催された。初開催の台北當代(Taipei Dangdai/18〜20日・台北南港展覧館)は90軒の出展枠に160軒の申し込みがあったという。アートバーゼル香港の前身であるアート香港をつくり上げた、マグナス・レンフリューが立ち上げたこともあり、開催前から注目度が高かった。Gagosian、Pace Gallery、White Cube、Perrotinなど、世界的ビッグギャラリーがブースを構えるなか、日本からも19ギャラリーが出展。NANZUKA、ShugoArts、タカ・イシイギャラリー、小山登美夫ギャラリー、ミヅマアートギャラリー、東京画廊+BTAPなどである。一般来場者も多く、最終日の日曜日は入場制限がでるほど、活況を呈していた。

    more

    Category: art fair

  • アート・バーゼルの主催者MCHグループは来年、シンガポールで新たなフェアを開催

    courtesy of Marina Bay Sands

    アート・バーゼルを主催するスイスのMCHグループは、新たなアートフェア「ART SG」を2019年11月にシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで開催すると発表。ART SGはMCHグループと、ART HK(2008〜12年)の創始者であるSandy AngusとTim Etchellsが共同主催する。シンガポールをはじめ、世界各国から約80軒の出展ギャラリーを迎える予定。

    more

  • この秋、ジャパン・ソサエティーが森村泰昌の個展を開催

    「Une moderne Olympia」2018. Courtesy of the artist and Luhring Augustine, New York. © Yasumasa Morimura

     ジャパン・ソサエティーは10月12日から来年1月13日までに、日本の現代美術を代表する美術家・森村泰昌の個展「YASUMASA MORIMURA: EGO OBSCURA」を開催する。展覧会は森村が30年間手がけてきた、美術史や歴史上に登場する有名人物などを自らが扮するセルフ・ポートレイトを中心に、映像作品などを展示する。

    more

  • アニッシュ・カプーアによる国内最大規模の個展が別府で開催

    [過去作品]Leviathan, 2011 / PVC, 33.6 x 99.89 x 72.23 m / Monumenta 2011, Grand Palais, Paris / Photo: Dave Morgan /©Anish Kapoor, 2018

     毎年、国際的に活躍する1組のアーティストを別府に招き、地域性を活かしたアートプロジェクトを実現する個展形式の芸術祭「in BEPPU」。今回は、同時期開催の国民文化祭のリーディングプロジェクトとして現代美術の分野において最も重要なアーティストの1人、イギリスを代表する彫刻家のアニッシュ・カプーアを招聘する。

    more

    Category: exhibition, news

  • MILL6 Foundationはこの夏に「CHAT GO! Let’s Build a Textile Village」を開催

    CHAT GO! Let’s Build a Textile Village, 2018, Courtesy of Centre for Heritage, Arts and Textile (CHAT)

    香港の南豊紗工場の保護プロジェクトの一環として2015年にスタートし、テキスタイルアートや紡績文化の継承と創造を目指す非営利機関のMILL6 Foundation。2019年にCentre for Heritage, Arts & Textile (CHAT)の正式オープンを控え、本番会場である南豊紗工場(The Mills)での初めてのプレオープンイベント「CHAT GO! Let’s Build a Textile Village」を7月28日から8月19日まで開催する。

    more

    Category: exhibition, news

  • 第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ 日本館のキュレーター、出展アーティスト及び展示プランを発表

    「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」展示の様子、作成:能作文徳建築設計事務所

    国際交流基金は6月7日に、来年に開催される第58回ヴェネツィア・ビエンナーレの日本館代表作家が下道基行、安野太郎、石倉敏明、能作文徳に決定し、キュレーターは秋田公立美術大学大学院准教授の服部浩之が務めると発表した。タイトルは「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」。

    more

    Category: exhibition, news